(01)LDKと部屋の数え方

      2018/05/16

下書き投稿をして、時間があったときに更新しようと思い早一週間以上経過。
その間色々とありました。直近では食事会ですね。詳細は長安さんのブログに載っています。

さて、先日更新したブログを読んだ長安さんから「めっちゃ真面目な内容!」と驚かれました。堀ノ内さんに至っては「業務報告?」とまで(苦笑)
気安さと信頼さを出すための一環なのに、前者の目的が全く果たされていませんね!
漢字を開いて行間ももっと開けるべきなのか……とりあえず、テンションの高さが一目で分かる顔文字でも乱舞させてみましょうか ワーイ♪☆彡(ノ゚▽゚)ノ☆彡ヘ(゚▽゚ヘ)☆彡(ノ゚▽゚)ノ☆彡♪ワーイ

★☆★☆★

では自分の勉強も兼ねた不動産用語の話をしたいと思います。
前回「間取りを見るのが好き~」とはちらっと書きましたが、専門的(?)な知識は無く、あくまでふわっとした程度の理解しかなかったので、これを機にしっかり理解したいと思います。間違ってたら怖い!

そんな1回目は「LDK」

「L」はリビング「D」はダイニング「K」はキッチンという意味です。
で、この3つが合わさった部屋の名前がLDK。ダイニングとキッチンの2つだとDKになります。LDKとDKにはまたちょっと違いがあるそうですがこれは後ほど。

そこでよくぶち当たる疑問が「キッチンはともかく、リビングとダイニングはどう違うの?」だと思います。私もぶつかりました。
で、検索をかけてみると、

「リビング=居間」
「ダイニング=食堂」

……だからその辺をもっと掘り下げてほしいんだって! 特に食堂!

居間はともかく「食堂」という言葉が日本の一般家庭にとって馴染みが無さすぎるのが問題ですね……。
学校の学生食堂や会社の社員食堂、もしくは店舗としてしかまずイメージできません。

で、調べてみました。
食堂は要するに「食事を作る場所と食べる場所が一緒くたになった所」
海外の映画やドラマに出てくるあれですかね? 母親が大皿に乗せた料理を持って子供達の元へゴー。お皿を置いた先はキッチンと同じ部屋にあるテーブルの上――……そういえばこの机、ダイニングテーブルって呼びますね。つまり食堂の机。あ、まんまじゃん!( ゚Д゚)

食堂が「キッチンで作った料理を(ほぼ)その場で食べられる場所」となれば、あとは簡単ですね。
リビングは食事をしない場所。例えばテレビやソファーが置かれたまったりと寛ぐ場所。そこでしっかりした飲み食いは基本しないよ!(定義上は)ってことらしいです。

あと先程ちらっと話題にした「LDK」と「DK」の違いですが、どうやら広さが関係しているようです。
首都圏不動産公正取引協議会によると、

・DK……居室が1部屋の場合、DKとされる空間が4.5帖あること。居室が2部屋以上だと6帖以上必要。
・LDK……居室が1部屋の場合、LDKとされる空間が8帖以上あること。居室が2部屋以上だと10帖以上必要。

居室とは、K・DK・LDK以外の部屋のこと。
例えばLDKの他に和室が1つ、洋室が2つあった場合は3LDK。キッチンの他に洋室が1つだったら1Kですね。部屋の数はキッチンを基準にするそうです。
ちなみに私の実家は昔6DKだったんですが、リフォームで1部屋分をDKと一続きにしたため5LDKになりました。フローリングのLの対価は和室の畳です。

★☆★☆★

LDKについてはこんなものですかね?
初っ端からえらい長文だ……と、自分でもうわあな心境です。息切れしたときが大変だー。
そして既にやり切った感がひしひしとしますが、できれば頑張って(不定期にですが)続けていこうと思います。ネタがあればですけど。

それではまた後ほど~*.★★.バ.*:イ:*.:゛ヽ(´∀`o)ノ”*:.バ:ァ:*.イ*.★★

 - スタッフ日記